お太鼓だけじゃない自分で結ぶ袋帯のアレンジを解説します

袋帯を購入する際の相場はどれくらいか

袋帯は帯のなかでは花形で、その作り方や産地によって違いがあり、バリエーションは多岐にわたります。フォーマルに使う金糸や銀糸を織り込んだものから、「おしゃれ帯」と言って、もう少し気軽に使えるものまで、様々な種類があります。有名な作家ものや京都の名のあるメーカーのものなど、高級品も数多く、着用の幅も広く見せ場が多いため、着物でいえば訪問着のように種類が多く、簡単に「相場」をつけられるようなものではありません。唐織なら20万は安い。とか、作家物で50万なら妥当。というように、条件が変れば相場も変ります。さらに、百貨店や呉服店で買うのか、問屋やインターネットで買うのかでも価格は変わってしまうのです。それでも、買いたい思った時に幾らぐらいするのかは知っておきたいもの。ここでは、一般に普及しているものと、いわゆる高級品でも3桁にいかない、着物好きの人なら高いと思わずに買う帯の相場をご紹介します。

【並みのクラスなら10万~20万円台が一般的】

普通に買うとなると、基本的には10万円台。20万円までぐらい出すつもりでいれば、ほどほどの帯が買えるでしょう。このランクは一般的にもっとも流通している価格帯で、機械織りですが種類も豊富。有名な織元でも展開のある価格帯です。さらに下のカジュアルな袋帯なら、6万~8万円台にもひとつの価格帯があり、色々な帯が揃います。但しこの価格帯は、以前はなかったゾーンで、着物に入門しやすいようにと「10万円までで買える帯」として設定されたエントリー商品のような位置づけのものが多い価格帯です。フォーマルなシーンや目利きの多い歌舞伎や和風の催しなどにはあまりおすすめできません。着物の怖いところは、着るだけで注目を浴びてしまうところ。着物好きの人たちには詳しい人が多く、良いものとそうでないものの見分けがつく人が多いので、そういう人がいそうな場所にはやはり10万円台の帯をおすすめします。

【見て楽しい逸品の帯は30万円台が相場】

高級品は3桁のものもたくさんありますが、普通に流通している袋帯のなかで、高級品の相場として30万円前後の価格帯があります。このゾーンは逸品ぞろいで、染め、織り共に申し分ないものが揃います。有名な織元など、名門と呼ばれるメーカーが自由に良質の帯を作っているのもこのゾーン。まさに日本の職人の技術が光る逸品が数多く見られます。いきなりこの価格帯を買うのは躊躇して当たり前ですし、買う、買わないは別にしても、ため息ものの帯が揃っているゾーンなので、一見の価値のある価格帯です。百貨店や呉服店で「見るだけ」というのはなかなか難しいかもしれませんが、最近ではネットショップにもこういう高級品を扱うところもあり、良心的なネットショップでは見やすく拡大できたり、その織りや柄、織元について詳しく説明しているところもあります。逸品の素晴らしさを気軽に知ることができるでしょう。