お太鼓だけじゃない自分で結ぶ袋帯のアレンジを解説します

袋帯はどのような場面で使われているの

袋帯とは、裏地と表地の二枚の生地を縫いあわせ、袋状に仕立てられた帯のことを指します。一般的にこれらはフォーマルな帯とされています。丸帯と呼ばれるタイプの帯と非常によく似ていますが、丸帯は通常の帯よりも厚手で高級品とされています。ひとまとめに袋状の帯といっても、その素材や柄、デザインは様々です。例えば、金糸や銀糸をふんだんに織り込んだ豪華な仕立てや吉祥模様などの重厚な雰囲気を持つタイプ、振袖などの着物に合わせやすいよう華やかな色彩と装飾が施されているタイプ、しゃれた文様や刺繍が施されているタイプなどがあります。これらは、使用する人や場面、用途によって種類が使い分けられています。場に応じた帯を使うことができるように、帯の種類と使われる場面や目的について知っておくとよいでしょう。

礼装用に使用されることの多い帯のタイプ

袋帯の中でも、振袖に合わせやすいように華やかな色彩と刺繍が施されているタイプの帯、金糸や銀糸を織り込み豪華に仕立てられたタイプの帯があります。この二つの種類の帯は、結婚式や式典などの礼装に使用されることが多いです。振袖に合わせたタイプの帯は、鮮やかな色のものが多く、丸みのある柄のものが多く可愛らしい印象です。桜の花や菊の花など、花をモチーフにしたデザインが多いのも特徴です。このタイプは未婚女性の第一礼装である振袖の着物と一緒に使用されることが多いです。金糸を織り込み豪華に仕立てられたタイプの帯は、吉祥柄で、正月や祝い事の席に合うようにデザインされているのが特徴です。これらは、既婚女性の第一礼装である黒留袖や色留袖と一緒に使用されることが多いです。

普段着として使用されることの多い帯のタイプ

一方で、同じ袋状の帯でも、しゃれ袋帯と呼ばれるものは普段着用の帯として使用されることが多いタイプの帯です。礼装用の帯ではないため、金糸や銀糸などが使われることはあまりありません。また、カジュアルな訪問着や小袖といった着物と組み合わせて使用されることが多いです。このしゃれ帯は、幾何学模様や現代模様、変わった色の組み合わせなど、フォーマルな席用でなく普段使い用であるからこそできる遊び心が詰まっています。例えば変わったタイプのしゃれ帯として、レース生地を使用したタイプの帯があります。涼しげで軽やかな印象を持っている帯ですので夏の訪問着と組み合わせても面白いですし変わり結びをして楽しむこともできます。他にも、動物や昆虫の柄がデザインされた帯など種類が豊富です。着る人のセンスや個性を表現することができる点も魅力です。