お太鼓だけじゃない自分で結ぶ袋帯のアレンジを解説します

袋帯の結び方にはどのようなものがあるか

袋帯とは礼装の丸帯の代わりとして明治時代に作られたもので、表裏を縫い合わせた形状になります。長さも名古屋帯などよりも長めで、4m30㎝程度の長さの物を指します。このように長めの作りになっているので、お太鼓の四角い部分が二重になる二重太鼓を作る事が出来ます。二重太鼓はおめでたい場面など、喜びが何回あっても良い場面に使われます。不幸があった場合に着用するのは袋帯ではなく、一重太鼓しか出来ないが軽くて締めやすい名古屋帯を使うのが一般的です。帯の格としては礼装で着用する丸帯の代わりとして作られた袋帯はフォーマルな場面で使われる、格の高い物になります。しかし最近ではカジュアルな柄のものも出回っており、フォーマルな場面以外にも様々な結び方で使用されます。

振袖に向いている基本的な結び方

振袖を着用するのはフォーマルな場面なので、膨らみのある立体的な結び方が好まれます。一般的なものでは「ふくら雀結び」「花結び」「立て矢結び」「蝶文庫結び」「花流水矢結び」などが挙げられます。ふくら雀結びでは古典的な結び方で女性らしい印象になり、太鼓の大きさを調節することで体型に関わらず誰でも似合います。花結びはふくら雀結びにアレンジを加えて、左右の羽根の部分を帯締めで縛り蝶がとまっているように見せることが出来ます。立て矢結びは立体的で豪華な印象になるので、背の高い人に似合う結び方です。蝶文庫結びは古典的な結び方の文庫結びをアレンジしたもので、女性らしく可愛らしい印象になります。花流水矢結びは立て矢結びをアレンジしたもので、基本的には同じ結び方ですがより女性的な印象になります。

訪問着や小紋など普段使いの着物の結び方

普段使いの着物の結び方は、扱いやすく簡単に結べるものが好まれます。基本的な結び方は「お太鼓結び」「文庫結び」があり、他の結び方もこの2つの結び方をアレンジしたものが多いです。簡単なアレンジのものでは「角だし結び」と呼ばれるもので、文庫結びよりも大人っぽい雰囲気になります。またリバーシブルの帯のアレンジ方法では「片蝶結び」という結び方があり、動きで揺れるたれ先と帯前のアレンジによって、華やかで体型もカバーできる結び方です。他にも夏などにすっきりとした印象の着物に合う「一文字結び」があり、涼やかで大人っぽい印象になります。小粋な着こなしに似合う結び方は「のし結び」「しだれ桜結び」などがあり、比較的簡単に結ぶことが出来るので自分で結ぶことも出来ます。