お太鼓だけじゃない自分で結ぶ袋帯のアレンジを解説します

そもそも袋帯とはどのようなものか

袋帯というのは表の生地と裏の生地とがそれぞれ独立したものを縫い合わせて袋状にして仕立てられる帯です。かつては礼装のための帯とされていましたが、現在ではフォーマルにもセミフォーマルにもさらにカジュアルにも利用されるようになっています。女性の帯の中で最も格式が高い帯にあたり、長さが4メートル40センチから60センチくらいのものを袋状に仕立ててあるのが特徴です。最も良く知られているのが二重太鼓ですがそれ以外にも振袖用のふくら雀、立て矢結びや文庫結びなどにも使用されます。現在市場に出回っている二重太鼓用の帯はそのほとんどが袋帯で、かつては表地と裏地が筒状に織られた帯に対して縫いふくろ帯と呼ばれていましたが、現在では縫いのほうの帯が一般的になっています。

お祝いの席におすすめの華やかな扇太鼓の結び方

最も格式の高いシーンにも使える結び方の代表といえば二重太鼓ですが、お太鼓の右上に扇のように折りたたんだ帯を見せるのが扇太鼓という結び方です。色無地や訪問着、付け下げなどに合わせるのに向いた締め方で、結婚式や祝賀会などのおめでたい席やパーティーなどにも華やかさが加わってとても素敵に見える結び方です。まず、手先を65cmほどとって胴にしっかりと結び、たれの先で扇部分になるひだをとってゴムでとめ、仮紐で右の背中にひだをとめます。帯枕をたれ元から20cmくらいのところにおいて枕の紐を前でしっかりと締めてから扇ひだを止めた仮紐を取ります。お太鼓の形に整えたら、手先を太鼓の内側に通して帯締めで前をしっかりと締め、仮紐を取って扇を広げ、帯揚げを飾れば扇太鼓むすびの完成です。

可憐な振袖姿におすすめのふくら雀の結び方

未婚女性の礼装の振袖姿を引き立てる可憐な帯結びに活躍するのが袋帯です。シンプルで愛らしい雰囲気のふくら雀は、かつて結納の席などにもよく使用された結び方です。手先を60cmほど残して二重に巻き一結びします。手先とたれ元にひだをとってゴムで留め、結び目の横に左右に並べて帯枕を置き、帯揚げをしっかりと前で締めます。たれの元側から60センチのところに箱ひだを取り、箱ひだに仮紐をかけて背中にフィットさせるようにしてから、羽の内側を通して前で結びます。お太鼓の形に整えてから帯締めをお太鼓の底の部分に通して前でしっかりと結び、両側に止めてあった羽のゴムを取り除いて羽の形を整え、帯揚げを飾れば完成です。羽の部分は前から見たときに肩から少し出るくらいに整えるようにします。

1年以上経過した場合は、お仕立てご依頼前にメールまたはお電話にてお問合せ下さい。 当社は、多くの着物ファンのお客様に満足して頂けるよう、小物を含め幅広い品数をそろえ、トータルコーディネートをサポートします。 品質、価格、品揃え。お客様第一をモットーに 今日もとっておきのお着物を お届けいたします! 美しい袋帯がここに集結!